マンション建物構造別音の響き

 

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では騒音トラブルが後を絶ちません。下の階の方から「苦情・無視・手紙が来る」等の事がありませんか。あるいは横の部屋の方が壁をドン!!それにより引っ越しをせざるを得ない事もあります。引っ越しを考えている方にとって引っ越し先のマンションが、どれだけ振動・音が響きやすいのかとても重要な事です。実際の所は引っ越してないとわかりませんが、建物の構造・年数により音の響き方が変わります。それぞれの違いについて紹介します。

RC

RC/SRC構造

RC/SRC構造の建物はコンクリートを流し込んで出来上がっています。建物的には最も頑丈な作りです。建物の中で防音性・遮音性・耐火性に優れています。小さなお子様の足音・飛ぶ跳ねる振動などで、下の階の方と騒音問題で悩んでいる方にはRC構造がおススメ。騒音問題で悩んでいる方は壁にもご注意ください!!

 

ご注意ください

建物の構造自体は丈夫・騒音対策に向くRC構造ですが、壁に関してはセメントでない時があります。部屋に入った時「壁をトントン」と叩いていて。コンコンの音なのか?シッカリとしたセメントの音なのか確かめましょう。RC構造に住んでも壁がRCでなかったら音は他の建物と変わりません。

 

鉄骨構造

RC構造の次に丈夫な作りです。耐震性に優れています。ただ音の響きの点では木造とさほど変わりません。特に上の階の音はよく響きます。騒音でお悩みの方は、床材に何が使われているのか。壁は防音性があるのか確かめましょう。床材・壁材次第では響きにくくなります。また今現在居住されている方は、コルクマット・低反発ラグなどで防音対策がおススメ。

 

ご注意ください

床や壁などの構造・使われている素材次第で、木造以上に音が響く事があります。引っ越しの際には素材にも目を配りましょう。

 

木造構造

建築構造の中で一番「音・振動」が響きます。一軒家などに使われる構造です。木造の中でも壁や床に防音対策が施されている建物は、多少音・振動は響きにくくなります。しかしRC構造などに比べると比べ物になりません。木造作りの利点は他の構造に比べて家賃が安くなるメリットがあります。

  RC構造 鉄筋構造 木造構造
防音性 ×
建物の丈夫さ ×
家賃の値段 ×
建物階数 高層階 中層階 低層階

まとめ

この様に建物の構造次第で音・振動の響き方が全く違った物になります。また構造が同じなら床材・壁の構造などにも注意しましょう。日頃から騒音に悩まされている方・下の階の方からクレームの有った方は、建物の綺麗さ・使いやすさだけでなく、建物構造・壁の構造にも注意を払いましょう。

 

また賃貸住宅を借りる時には、時間を変えて最低2回位は不動産屋と部屋を訪れましょう。家具と部屋の寸法を測りたいなど言い訳すれば、時間を合わせて見せてくれます。その際、上の階からの音や外からの騒音などに注意を払いましょう。

低反発ラグの豆知識

低反発ラグのショップinfo

ホーム RSS購読 サイトマップ
低反発ラグトップ ショッピングガイド 支払い・配送 返品 お問合せ カートを見る