低反発ラグとジョイントマットとのコンビ

集合住宅に住んでの一番の問題点は騒音問題。これがきっかけで下の階の人と険悪なムードになる事もあります。場合によっては怒鳴りこんでくる事もあります。現にこの記事を書いている当家でも怒鳴り込んできました。この様な事にならない為にもできる限りの対策を行いましょう。

 

お子様が小さい間よく利用されるのがジョイントマットです。ジョイントマットは厚みがあるので多少の防音効果が期待できます。さらに防音性を、高めるのには、低反発ラグの様な防音マットが必要不可欠になります。そこでジョイントマットのクッション性と低反発ラグを二枚重ねにして防音性・消音性を高める方法をお勧めします。

ジョイントマットの防音性

ジョイントマットはどれでもある程度厚みがあります。その為多少の防音性は備わっています。しかし子供が走り回る音や飛び回る音はさすがに回避できません。あくまでもちょっとした振動や音ぐらいしか防止できません。

 

一軒家などではこれでも十分でしょう。しかし集合住宅ではそうはいきません。かなりの確率で騒音問題に発展します。集合住宅に住む方にとって、必要以上に床面に厚みを持たせて騒音対策をする必要があります。

 

この様にジョイントマットだけに頼るのではなく、いくつかの対策を同時に行う事が必要になります。

低反発ラグの防音性

低反発ラグは防音性に優れたマットです。特に吸音性・遮音性にはシッカリとした下地素材のウレタンを使用する事で、集合住宅でもかなりの効果を期待できます。遮音試験でもΔLL(I)-6等級以上の商品が1万円台から沢山出回っています。

 

通常の生活では問題ないのですが、小さなお子様が飛び跳ねたり・走り回ったりすると、地面に足がついた感じになる事があります。この状態では吸音性・遮音性がうまく働かずに下の階の方とトラブルになる事があります。そこで足が地面についた感じを与えないために、「ジョイントマットと+低反発ラグ」を同時に敷き、厚みと底付き感を減らす対策がベストな対策です。

ジョイントマット+低反発ラグ

下の階への防音性を高めるには、工事を行い床材を交換するのがかなり効果的な方法です。工事自体は数日で出来上がりますがそれ相応の金額になってきます。持ち家のマンションなどでは可能ですが、賃貸マンションには無理な話です。そこで時間と金額を最低限に食い止める方法として、「ジョイントマットの防音性とクッション性と低反発ラグの遮音性」を二枚重にして取り入れるのが一番効果的な方法です。多少の出費はいる物のかなりの効果を上げる事ができます。

 

忘れてはいけない!!下の階の方への対策の報告

ジョイントマットや低反発ラグのいずれかを敷いた事を、下の階の住人に報告して様子を数日見てもらう
数日後まだ音がするといわれると、今度は両方敷いた事を相手に伝える

 

現実的に考えて小さなお子様の音を完全に消す事は不可能に近いです。相手の話に耳を傾け、幾度か対策をしている事をアピールする事で、足音への理解を多少なりとも示してくれる様になります。

低反発ラグの豆知識

低反発ラグのショップinfo

ホーム RSS購読 サイトマップ
低反発ラグトップ ショッピングガイド 支払い・配送 返品 お問合せ カートを見る