ラグマットの素材

ラグマットの素材の機能と特徴「素材からラグマットの特徴を紹介」
ラグマットに使われている表面素材に色々な素材があります。大きくは化学合成・天然素材の2つに分類できます。その中でさらにいくつかの分類の素材があります。それぞれに肌触り・耐久性・使用適用場所・値段など違いがあります。それぞれの素材に合わせておススメの使用場所などがあります。今回は代表的な素材について、特徴とデメリット部分を確認してみます。

ウール素材のラグマット

ラグマットの素材の機能と特徴「素材からラグマットの特徴を紹介」
ウールと言えば「羊の毛」、昔から活用されてきた素材です。

  • 水を弾く撥水効果
  • 夏は湿気を吸い込み、冬は湿度を放出する
  • 数に限りがあるので値段が高い
  • 天然素材の持つやさしさと表情がある

ウール素材は大きく分け上記のような特徴を兼ね備えいます。

 

・ウール素材のラグマットは水分系の汚れに強く、ジュースなどがこぼれてすぐなら拭き取るだけで綺麗になかった事にできます。。汚れにくいので長期間に渡り「綺麗・清潔」な状態を維持する事ができます。

 

・ウール特有の繊維の絡み方により、内部に空気の空間を沢山持っているます。この空気の空間が「クーラーの冷気をため込み夏は涼しく・冬は床の冷気を防ぎ床冷えから守ります」 1年を通して利用出来る快適な素材です。

ナイロン素材のラグマット

ラグマットの素材の機能と特徴「素材からラグマットの特徴を紹介」
昔からよく利用されてきた素材の1つです。最近では価格安く扱いやすいポリエステルタイプのラグマットが支流を占めています。ひんやり感がお好きな方は、ナイロン素材のラグマットがおススメです。ナイロン特有のひんやり感を、夏に楽しむ事ができますよ!!遊び毛が少なく、長持ちしやすい事から、病院・ホテル・ショッピングセンターなどの商業用として、沢山の人の出入りが有る所で活躍しています。

  • 火や温度に弱い
  • 耐久性が有り長持ちする
  • 汚れがついても拭き取れる
  • ラグマットの値段が比較的高めになる

ナイロン素材のラグマットは主に上記のような特徴があります。

 

・長期間に渡りラグマットを使用したい。沢山の人が出入りする。そのような場所では、ナイロンのラグマットが活躍します。ナイロン素材は他の素材に比べて耐久性が長くなります。また沢山の人が訪れる場所では、短時間の間に汚れてしまう事がよくあります。そのような時にはサッと水拭きでき、いつでも清潔・綺麗を維持できるので、ありがたい素材です。

ポリエステル素材のラグマット

ラグマットの素材の機能と特徴「素材からラグマットの特徴を紹介」

今や数限りなく色々な所で使われています。洋服・キッチンマット・お風呂マット・トイレマット・カーテン・シーツ・布団カバー・ネクタイ・ハンカチなど使用箇所に限りがありません。これだけ使われる理由には、加工がしやすく扱いやすい。丈夫で長持ち。値段が安い・しわが付きにくいので洗濯がしやすい。この様な理由で色々な所で大活躍しています。「シルク調・コットン調・ウール調」などに近い手触りの、ポリエステル素材のラグも沢山出回っています。

コットン素材のラグマット

ラグマットの素材の機能と特徴「素材からラグマットの特徴を紹介」
天然素材で大人気なのがコットン素材です。

  • 天然素材の中では安価
  • 熱に強い
  • 手触りがよい
  • 洗濯などで縮みやすい

主にコットン素材のラグマットは上記の様な特徴があります。

 

・コットン100%は非常に手触りがよく、足や顔で気持ちよさを味わいたくなります。

 

・夏場は湿気を沢山吸ってくれるので暑さ対策に役立ちます。逆に冬場はコットンの間に空気の隙間があるので、フローリングなどからの冷気を直接通しにくく、温かく感じる事が出来ます。

 

・洗濯の際には気を付けましょう。コットンが多く含まれている衣服を洗うと縮みますよね。それと同じようにラグマットも縮んだりしわができたりします。

ポリプロピレン素材のラグマット

低価格・手触りがあまりよくないラグマットの多くは、ポリプロピレンの化学合成の素材からできています。あまり手触りを意識しないキッチン・トイレ・玄関・テーブルの下のマットなどにおススメです。リビングなどくつろぐ場所では、肌触りの良いラグマットを選ぶ方がおススメします。

低反発ラグの豆知識

低反発ラグのショップinfo

ホーム RSS購読 サイトマップ
低反発ラグトップ ショッピングガイド 支払い・配送 返品 お問合せ カートを見る