ラグマット VS EVAのジョイントマット

ラグマット VS EVAのジョイントマット

 

☆手遅れになる前に早めの対策☆

 

 

マンション・アパートのトップの苦情は騒音です。特にお子様が小さい間の、足音の騒音苦情は後を絶ちません。集合住宅に住んでいる以上騒音問題は無視して通れません。お子様の成長に合わせて少しずつ対策をしていきませんか。

 

 

苦情になってからではもー手遅れです。かなり険悪な雰囲気なる事が多々あります。騒音が元で、下の階の方から「手紙が来る・直接怒鳴り込んでくる・管理会社から電話が来る」と言う事が起こります。お子様の成長に併せて早めの対策をお取りください。

 

 

足元の防音対策にはいくつかの方法があります。今回は「反発ウレタンのラグとEVAのジョイントマット」について紹介します。

ウレタンの振動・音の吸収

ウレタンは非常に振動・音の吸収に優れた素材です。その秘密は泡構造にあります。ウレタンは沢山の泡の集合体です、その1つ1つの泡が、複数で音や振動を受け持ち消化する事で防音・振動対策を行います。もともとNASAの宇宙服の素材として開発されました。

 

軽い

ウレタンは沢山のシャボン玉のような空洞の集まりです。1つ1つの空気の入った空洞の為に全体として軽く持ち運びに便利です。

水を吸収しずらい

水がウレタンの内部に入る為には、何十もの空洞をくぐる必要があります。その為水がこぼれた身内部まで染み込みずらくなります。

断熱性が高い

熱がウレタンの内部を通る為には沢山の泡を通り抜けないいけなくなります。熱を逃しずらく家の断熱材としても活用されたいます。

 

ウレタンは「インソール・住宅建材・枕・マットレス」等沢山の用途で使用されています。身の回りの色々な物に振動・騒音・熱の対策にりようされています。

 

EVAの振動・音の吸収

EVAとはポリエチレン(PE)の仲間です。PEは低密度・高密度・EVA樹脂の大きく3種類に分類できます。それぞれの持つ特性から「食品容器・バケツ・ラップ・サンダル・断熱材・防音防振材」など色々なプラスチックの物に活用されいます。EVA素材はサンダル・お風呂マットなどに使われ「伸縮性・ゴム弾力性耐水性」が高く、指で押さえると押し返されます。高断熱・高密度のEVA素材はクッション性が高く、振動・防音に効果を発揮します。EVA素材は、サンダル・靴底・コルクマットなどによく使われ、色々なシーンでお世話になる事が多々あります。

 

燃えやすく低温に強い

食品容器やラップを想像するとお分かりいただけるかと思いますが。火が付くと簡単に形を変えて燃えてしまいます。その反面低温には比較的強くマイナス20度ぐらいまで耐久性が有ります。

とにかく軽い

夏に海で履くサンダルはとても軽いですよね。。重さをほとんど感じる事がないかと思います。持ち運びでもあまり重さを感じる事がなく、ちょっとしたお出かけに便利な素材です。

耐水性が凄い

サンダルが水に濡れても、表面は濡れているけど素材の中にはあまり水分が吸収されません。

 

EVA素材はそれ単体で使用される事は少なく防音マット・コルクマットの下敷きとして利用されます。それにより軽量床衝撃音の吸収に役立ちます。

効果的な防音対策

防音マットとともに利用されるEVA素材は「吸音性」に優れています。低反発ラグなどに利用されているウレタンは、「吸音性と遮音効果」があります。またJIS規格の床衝撃音測定にも対応している物が沢山あります。低反発ラグの値段は防音マットの値段より高くなります。それぞれの用途に合わせて最善な物をお選びください。

 

  低反発ラグ(ウレタン使用) コルクマット(EVA使用)
値段

高い

安い

吸音性

あり

あり

遮音効果

あり

無し

防水性

あり

あり

保温性

あり

あり

*低反発ラグVSコルクマット

低反発ラグの豆知識

低反発ラグのショップinfo

ホーム RSS購読 サイトマップ
低反発ラグトップ ショッピングガイド 支払い・配送 返品 お問合せ カートを見る